スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
 
当社は独自の試みとして新卒採用年から毎年この時期に『アルファノココロ合宿』という内定者参加の研修
を実施しています。

今回は11月末から1泊2日の行程で内定者4名と松山代表取締役及び、社員、2013年入社の新人社員そして私の8名で合宿を行って参りました。

この合宿の目的は、内定者に向けて当社のクレド(Credo=「信条」「志」「約束」を意味するラテン語で、
企業活動の拠り所となる価値観や行動規範を簡潔に表現した文言)を入社前に理解・共有する勉強会である
とともに、社員と内定者とが多くの時間を密度濃く共有する事で、内定者の入社への不安や、仕事に関する
疑問などに応えるためのコミュニケーションの場でもあります。

プログラムも単なる座学研修だけではなく、役員も社員も内定者も一緒になって食事のメニューを考えたり
、料理したり、創作課題に取組んだりと、イベント的な要素を盛り込みながら、楽しく!厳しく?
行われます。

スタッフアルファ就活応援団

 


就活の目的は、会社に利益をもたらす人材を入社させることです。
それでは、どういう視点で面接官となる私たちが学生を見ているのか?
結論は、「会社ごとに違う」なのです。

特に「イベント」職種は領域が多種多様なので、皆さんもイメージしづらいと思いますが、私たちも当社
の事業内容を本当に理解しているのか、そうであれば当社にプラスになる人材なのかを限られた時間で
判断しなければならないのです。

つまり、面接であなたの学生時代に力を入れたことを話す場合、面接官に入社後のあなたの働きぶりを
想像させる必要がある。

その想像の中で、面接官があなたを入社させる。メリットを感じてもらわなければならない。

面接は、自分を自慢する場ではなく、私が入社したら、あなた(会社)の得になりますよ!ということを
理解してもらう場であると考えます。

今回は、そのような判断基準で採用した内定者と『アルファノココロ合宿』を行い、改めて面接時の
プラスイメージからさらなる素養や魅力を知る事が出来ました。

これから就活を行う皆さん。
面接といったより限られた時間の中でアピール出来ることはとても限られています。
準備には十分ということはありません。
その会社の事業内容から業界の動向などなど、面接には万全の準備を行って臨むようにしてください。

潟Xタッフアルファコミュニケーション 取締役 冨田真吾

 
バックナンバー ・第1話へ(2013年) ・第2話へ(2013年)
・第3話へ(2013年) ・第4話へ(2013年) ・第5話へ(2013年)
・第6話へ(2013年) ・第8話へ(2014年) ・第9話へ(2014年)
・第10話へ(2014年) ・第11話へ(2014年) ・第12話へ(2014年)
・第13話へ(2015年) ・第14話へ(2015年) ・第15話へ(2015年)
・第16話へ(2015年) ・第17話へ(2015年) ・第18話へ(2016年)
・第19話へ(2016年) ・第20話へ(2016年) ・第21話へ(2016年)
・第22話へ(2016年) ・第23話へ(2017年) ・第24話へ(2017年)
・第25話へ(2017年)    

PAGE TOP