スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
 

現在就職活動中の皆様、既に内定を手に入れた皆様、そして就職活動を来年と控えた皆様、こんにちは。

株式会社スタッフアルファコミュニケーション 平成25年度新卒
制作2部所属 下重です。

私からこの就活応援団でお話しさせて頂くテーマは、ずばり 「新卒1年生から見たスタッフアルファ」です。

半年前、自身が入社前に抱いていた疑問や不安…。
それらに対して今の考えを書いていきたいと思っておりましたが、どうにも思う事がたくさんありすぎて、
ここには書ききれないようです。
そこで入社前に私が抱いていた疑問の中で、最も大きかったものについての回答を書かせて頂きたいと思います。

Q. 6年前から新卒の採用活動をしているのに、現状ほとんど残っていないのはどうして? そんなに厳しいの?

この点に、当時大学生だった私は大いに悩みました。
採用活動を通して接するスタッフアルファの社員の方々は皆さん一様に優しい方ばかり…。
それなのに何故皆残っていかないのか?
良くない考えばかりが頭を巡り、ネガティブな憶測に自分が徐々に支配されつつありました。
最終的には「入ってみりゃあ分かるだろう!」と自分の中で踏ん切りを付け、入社を決定。
今に至ります。

回答から申しますと、厳しいか否か、という点以前の問題だったのではないか、というのが私の考えです。

新卒が残らず、辞めていく理由。個人的な見解ですが、それは「前例の無さ」に過ぎないのではないでしょうか。
つまり、過去あまり新卒が残っていない会社、という見方に、これまでの新卒の皆さんは惑わされたのではない
かと考えています。
例えば、イベントの制作にあたって残業をするとします。
場合によっては定時に帰れない日が続いたりする事もあるかも知れません。
そんな時、偏見が生まれたのではないでしょうか。

「ああ、こういうことか。だから新卒がこの会社には残らないのだな。こんなに忙しく厳しいのは、この会社が
悪いからなんだ」

入社後、諸先輩方からも同じことを言われるかも知れませんが、多少差があれど、他社も同じようなものだと
思います。他会社に入社した同級生に聞いてみると良いと思いますが、どの会社だって残業はあります。
しかし定時に仕事が終わらないことは、他社であればまず会社のせいにするのではなく、自分の要領の悪さ
のせいだと考えるものだと思います。

新卒が残って頑張っているということの「前例の無さ」から、新卒が社会に対しての不満を何もかも会社の
せいにする。それで新卒が残らない。
次年度新卒もそれを繰り返す、という、負のサイクルが生まれているように私には見えています。
無論一側面的な見解であり、その他に全く原因が無いかというと分かりません。
しかし非常に大きな割合を占めているであろうということは、確信しています。

会社というより業界的に、忙しい時は忙しい日々が続いたりもしますが、その結果出来たイベント、
そこに来てくれた人々の笑顔には感動ややりがいを覚えたりします。

まだ半年、折り返し地点に過ぎませんが、私たち19期新卒は現状5名全員が残っています。
(イベント制作事業部3名+ウェディング事業部1名+ネイルアート事業部1名)

負のサイクルはどこかで断ち切らねばなりません。
同時に、新卒が仮に全員残ったならば今後どうなるのでしょう?
非常に気になるところです。
私たちでその分岐点を創り出せたら、ということを密かな目標とし、会社の今後の発展に関わって
いきたいと思います。

当社の今年度採用活動は既に終了しておりますが、来年以降当社の選考に参加するかも知れないという
方の参考に。
そして既に当社の内定を受けている皆様が半年前の私と同じような疑問をもし抱いていればその払拭になれば
幸いです。

 
バックナンバー ・第1話へ(2013年) ・第2話へ(2013年)
・第3話へ(2013年) ・第4話へ(2013年) ・第5話へ(2013年)
・第7話へ(2013年) ・第8話へ(2014年) ・第9話へ(2014年)
・第10話へ(2014年) ・第11話へ(2014年) ・第12話へ(2014年)
・第13話へ(2015年) ・第14話へ(2015年) ・第15話へ(2015年)
・第16話へ(2015年) ・第17話へ(2015年) ・第18話へ(2016年)
・第19話へ(2016年) ・第20話へ(2016年) ・第21話へ(2016年)
・第22話へ(2016年) ・第23話へ ・第24話へ

PAGE TOP