スタッフアルファ就活応援団

スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
 

就活生応援団をご覧の皆さん、こんにちは。
新卒2年目、流通プロモーション部の知野と申します。

さてさて、今回「アルファに入社を決めた理由」ということでお話させていただきます。

社員紹介などでご存知の方もいるかもしれませんが、私はアルファ初のクルー出身社員です!
大学2年の冬にクルー登録をし、不定期で様々な現場に参加していました。

大学4年の6月には広告系の会社に内定を頂き、 その後は卒業旅行資金のために今まで以上
に現場に入るようになりました。
そしてその頃、毎日のように入っていた夏祭りの現場が本当に本当に楽しかったんです!
同じ現場に連日参加していたため、社員もクルーも仲良い人が増え、お客様を楽しませると
同時に自分自身もとても楽しんで参加をしていました。

そんなとき、「今年の内定者が決まったよ」と現場に研修として現れた内定者たち(※現同期)
の姿を見て、少しだけ嫉妬をしてしまいました。

「この人たちは、私の大好きな社員さんやクルーさんたちとこれから一緒にイベントを作っていくんだなあ」
と思ったら、羨ましいやらなんだか悔しいやら。

そこから現場帰りなどに仲が良かった社員さんに相談するようになりました。

今では笑い話ですが、現同期の内定式では、アルバイトとして内定証書のお盆持ちもしていた
んですよ!
時が経ち10月も終わりに近づいたある日、現上司である安藤部長から突然
「もしまだ入社したいと思ってくれているなら、社長と話をしてみないか」と
お電話をいただきました。

後日社長にお会いするため会社を訪れた私に待っていたのは、
「今日は知野さんのための説明会です」と社長による会社プレゼンでした。

自分を必要としてくれている、というなんともいえない嬉しさを感じ、内定を辞退、
スタッフアルファへの入社を決めました。

ただ正直社長からオファーを受けても、すぐに入社を決められたわけではありません。
クルーとして一番近くで社員を見てきたこともあり、思うように休みが取れず疲れ切って
つらそうな姿や理不尽なクレームの対応をしている姿など仕事におけるいやな部分も
少しですが知っていました。

しかし、それでも私がアルファに入社を決めた理由としては、大きく2つの理由があったと思います。

1.居心地の良さ

第一に、私にとってスタッフアルファはとても居心地がいい場所でした。
社員同士・クルー同士がはたから見ていて伝わるほど仲が良いんです。
クルー同士で飲みにいくことも多かったですし、個人的に遊びに行ったり、
社員とご飯に行ったり。
現場に入るうちに色んな人と仲良くなり、仲良い人がいるからもっと現場に
入りたくなり、現場に入ると仕事に慣れ、仕事に慣れると仕事を楽しめる
ようになり、仲良い人たちと楽しく仕事ができる、環境にいつのまにか居心地
の良さを感じていました。

説明会の質問コーナーで「入社してからのギャップはありますか?」
「会社の良いところを教えてください」などよく聞かれますが、そんなときも
必ずと言っていいほど
【社員同士の仲の良さ・社長との距離の近さ】が挙げられます。
大きな会社では社長と直接会えるのは、式典のみなんて会社もありますよね。
その点うちの会社では社長とランチに行きますし、専務と花火大会に行ったり、
社長と映画を観に行ったりもします!(※個人差はあります。強制されるものではありません)

仲が良い・距離が近い利点としては、やっぱりたくさん話ができるということ。
性格もあると思いますが、社長も上司も若手の意見にもきちんと耳を傾けてくれます。
意見を聞いてもらえるということは、自分を認めてもらえているということ、
信頼感が生まれるということ、ひいては居心地の良さに繋がっていると思います。
スタッフアルファ就活応援団

2.We make funtime! の精神


スタッフアルファが何より大切にしている精神We make funtime!
この考え方が私の就活における「軸」にぴったり合っていました。

人の誕生日を祝ったり、歓送迎会・旅行の幹事をしたり、イベントごとが大好きな私は
「人を楽しませて自分も楽しむ」という仕事を求めていました。
「自分たちが本気で楽しまなければ、お客様に楽しさは伝わらない」という言葉を高校時代、
演劇部の先輩から教わり、常に心に留めていましたが、同じような言葉をスタッフアルファの
現場でも聞いたことがあります。

「単純に業務をこなすのではなく、自分もイベントに参加するメンバーとして精一杯楽しんでください。
皆さんが楽しんで運営できれば、その雰囲気はお客様に必ず伝わります」 確かこんな感じでした。

イベントに参加したお客様・イベントを主催したクライアント・イベントをつくるスタッフ。
この3者が「楽しい」と思えるイベント、満足できるイベントがいいイベントだという
スタッフアルファの考え方が私は大好きです。

新卒でイベント業界を志す人には、「学園祭でイベントを企画・運営して楽しかったから」
という人も多いのではないでしょうか。
「考え方が甘い。学生のイベントと仕事としてのイベントは違う」という社員もいるかも
しれませんが、私はそんな理由でもいいと思います。

仲間と楽しんでイベントをつくり、それでお客様も喜んでくれた。それが嬉しかった。

学生時代にそんな体験をし、仕事にもそれを求めるような人は、私のようにきっと
スタッフアルファを好きになるはずです。

長々とお話してしまいましたが、以上のような理由で私はスタッフアルファの一員になりました

そして今、毎日がとても楽しいです。

さて、就活生の皆さんが入社してくる頃、私は3年生です。
良い先輩になれるよう、今年1年精進していきたいと思います。

現場や内定式でお会いできるのを楽しみにしていますね。


バックナンバー ・第1話へ(2013年) ・第2話へ(2013年)
・第3話へ(2013年) ・第4話へ(2013年) ・第5話へ(2013年)
・第6話へ(2013年) ・第7話へ(2013年) ・第8話へ(2014年)
・第9話へ(2014年) ・第10話へ(2014年) ・第11話へ(2014年)
・第12話へ(2014年) ・第13話へ(2015年) ・第14話へ(2015年)
・第15話へ(2015年) ・第17話へ(2015年) ・第18話へ(2016年)
・第19話へ(2016年) ・第20話へ(2016年) ・第21話へ(2016年)
・第22話へ(2016年) ・第23話へ(2017年) ・第24話へ(2017年)
・第25話へ(2017年)    

PAGE TOP