こんにちは。採用担当の熊木です。

いよいよ今年もこの季節がやって参りました。皆様の就職活動はいかがでしょうか。
2016年卒の就職活動はスケジュールが変更になり大変だと思います。
昨年までの先輩たちの活動が参考にならない部分も出てきているのではないでしょうか。

経団連が2016年卒の採用活動から、採用広報の解禁を大学3年生の12月から3月へ。
選考開始を大学4年生の4月から8月に後ろ倒すという指針をまとめた結果、学生側も
企業側もお互い手探りの中、就職活動に向き合っていると言った状況でしょうか。

3年前にも実施された採用期間の後ろ倒しの際には、
「就職活動の準備・開始を遅らせても良いのではないか」と考え自己分析や企業研究など
準備不足のまま選考に臨む学生が続出したそうです。
その結果、知名度のある大手にやみくもにエントリーし、本意とは異なった就職をされた
学生が多かったと聞きます。

今年はその3年前とは環境が変わり、企業のベアアップなども実施される好況感が漂う中
での就職戦線。学生の皆様にとっては追い風吹く中での就職活動となっている事でしょう。

そんな中、当社スタッフアルファコミュニケーションも負けていられません。
本年もきちんと採用いたします。
当社が他社と違う所は、景気が悪いから採用を減らし、景気が良いから採用を増やすと
言った企業の論理にありがちな、わがまま採用をしない所です。

人材は宝・・・良く言われる事ですね。当社は毎年継続して一定数の採用を目指しております。
なぜでしょう。

イベント業界で独り立ちするにはたくさんの時間とたくさんの経験が必要です。
先輩社員が一生懸命教え、経験を積む場が提供され、大変な事も嬉しい事も経験して
やっとスタート地点です。
時間がかかる分、毎年毎年きちんと採用し、毎年毎年きちんと人を育てていかなければ、
企業の成長はないと考えているからです。

そんなスタッフアルファコミュニケーション。
採用のポイントはどんな所か。
このコラムを読んでいるあなたにこっそり教えちゃいます。


@当社のファンになっていますか?
最近の就職活動。便利になりました。
就活サイトからポチポチとクリックすると簡単に会社説明会などの申し込みができます。
たくさんの企業にエントリーできる反面、本当に当社へ就職したいのだろうかと企業側は
思っています。当社もその企業の中の一つです。

これから参加していただく会社説明会で知ることもたくさんあると思います。
ホームページから得られる情報もたくさんあると思います。

そういった情報を整理したうえで当社のファンになって欲しいのです。
自分はスタッフアルファが好きだ。だから就職したい。
好きだからこそ、社員になったあかつきにはこんなパフォーマンスが発揮できる。
・・・と想像して欲しいのです。

そんな思いをぶつけてくれた学生さんに対しては、当社の社員も逆にファンになって
しまうかもしれません。

A着飾っていませんか?
毎年のように書いている事ですが、自己紹介・志望動機・・・マニュアル通りの文章を
暗記して対応していませんか。私たちは毎年毎年、何百人という学生さんと面接を
してきているので、何となく分かるのです。

あなたの自己紹介は金融業でも製造業でもサービス業でも通用する自己紹介になっていませんか。
「学生時代にはこんな事をやってきました。」なので御社に就職したら・・・。
と最後の部分だけその会社にあわせてアレンジしたりして。

優等生的な自己紹介や志望動機は必要ありません。素顔の自分を見せて欲しいのです。
着飾った結果、お互いが思い描いていたものと違う結果が訪れてしまっては不幸です。

B勉強してきましたか?
最近の学生さんは基礎学力に不安を感じるシーンが多く見受けられます。
文系・理系を問わず「国語」「算数」と言ったビジネスに携わるうえで最低限必要な力が
年々低下しているように思います。

「・・・・でよろしかったでしょうか。」「・・・ほどお待ちいただく形になります。」
違和感を感じなかった人は日本語を頑張りましょう。日本語は難しいですよ。

67+233=450-(92+□)+25
□を求める足し算と引き算を組み合わせただけの簡単な計算です。
でも、正解率が低いのもまた事実。

当社では企画書も書きますし、見積書や請求書も作成します。
ビジネス上必要な作文力・計算力は最低限身に着けましょう。
大学名は関係ありません。有名大学の学生さんでも出来ない人は出来ません。

以上、いかがでしたか?ご参考まで・・・。
長くなりましたが、私から最後に一言。

選考を是非楽しんで、素顔の自分をアピールして下さい。
お互いに心躍るひとときを創り出しましょう。


集合写真

バックナンバー ・第1話へ(2013年) ・第2話へ(2013年)
・第3話へ(2013年) ・第4話へ(2013年) ・第5話へ(2013年)
・第6話へ(2013年) ・第7話へ(2013年) ・第8話へ(2014年)
・第9話へ(2014年) ・第10話へ(2014年) ・第11話へ(2014年)
・第12話へ(2014年) ・第13話へ(2015年) ・第15話へ(2015年)
・第16話へ(2015年) ・第17話へ(2015年) ・第18話へ
・第19話へ ・第20話へ ・第21話へ
・第22話へ    

PAGE TOP