スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
 

就活生応援団をご覧の皆様、こんにちは。

2013年度新卒 流通プロモーション部所属 山浮ナす。

梅雨に入り、雨の日が続きますね。外に出るのも億劫になる季節でもあります。
そんな中、当社では新卒採用二次選考の真っ只中。
緊張の面持ちで来社される皆さんの顔を見て、私も一昨年の今頃、同じように選考を
受けていたことを思い出しました。

そこで今回は1年前を思い出して、スタッフアルファで2年目を迎えた私から
「1年目から変わったこと」をお話させていただこうと思います。

1年目から変わったことといっても一言で言えないほどいろいろあります。
その中でも強く感じていることは2点。

「担当のイベント現場が増えたこと」と「後輩ができたこと」です。

まず、担当のイベント現場が増えたことですが、1年目はイベント現場に行くと何かと
先輩にお世話になりました。

朝礼の仕方や業務の進め方、準備や片付けの仕方など一から学んでいきます。
そこから初めて1人で現場に立ったのが夏。
たくさんシミュレーションをして、準備もしたはずなのにやはり漏れがあり、社長に
助けていただいたのを覚えています。

その日の夜は夢でも働いていました。絶対忘れない出来事です。

そんな去年の夏から1年たち、今年の夏は1ヶ月に4現場は自分の担当です。
とても大変です。
頭の中でいろいろな事柄が混ざります。

しかし、これだけの仕事をまだ2年目の私に任せてもらえることがとても嬉しかったです。

クライアントと直接話をしている自分は社会人らしくなったなと実感します。

今年の新卒も今、現場で独り立ちできるよう特訓中です。
この1年目から2年目の変化は新卒で入社する誰もが実感することではないでしょうか。

来年社会人になるみなさんも自分の変化を楽しみに働いてもらえたらと思います。
どんな些細なことでも先輩に聞かなければ進まなかった仕事が、少しずつ自分だけで
出来るようになることは想像以上に感動しますよ。


そして、1年目から変わったことの2つ目は後輩ができたことです。

実は私、学生時代から後輩らしい後輩がいたことがありません。
さらに、4人兄弟の末っ子として育ち、常に面倒をみられ、迷惑をかけ、
へらへらしているだけでいいような甘ちゃんな人間なのです。

そんな私に、後輩ができました。

流通部には今年2名の新卒が配属され、社内仕事も現場も一緒に行動をします。

そこではもちろん私が先輩です。後輩に仕事を教えなければいけません。
分からないことは教えて理解させなければいけません。
1年間、それなりに知識を習得したと思っていたけれど、全くダメでした。
1年生の純粋な質問に戸惑うことがしばしば・・・。

こんな先輩はいかんと現在勉強しつつ業務にあたっております。


入社1年目の特権は「なんでも聞いていいこと」です。

みなさん、2年目はなかなか聞けなくなりますよ。
ちょっとしたことでも分からないことは積極的に声を出してほしいです。

私も後輩の質問にドキドキしながらも、人に教えることは自分の中で知識の再確認
となり、新しい情報を取り込むきっかけにもなるので、2年目の試練としてがんばっていこうと思います。

以上、簡単ではありますが私が2年目を迎えた今の気持ちを書かせていただきました。


とりあえず1年はがむしゃらにがんばろう!とよく言いますが、2年目は頭を使わなければいけない!
というのが私の持論です。


みなさんには少しだけ先の話ですが、頭の片隅に置いて頂ければ光栄です。

最後に気になる最終選考について一言・・・

最終選考は一次選考や二次選考とは選考方法がまったく異なります。
毎年内容も違うので詳しいことは私も知りません。

私から出来るアドバイスは、「対策はないと思い、素の自分で挑むこと」です。

ありのままの自分で臨めば、きっと楽しい選考になるはずですよ。


では、来年皆様とお会いできることを楽しみにしております。

流通プロモーション部 山負タ美

 
バックナンバー ・第1話へ(2013年) ・第2話へ(2013年)
・第3話へ(2013年) ・第4話へ(2013年) ・第5話へ(2013年)
・第6話へ(2013年) ・第7話へ(2013年) ・第8話へ(2014年)
・第9話へ(2014年) ・第10話へ(2014年) ・第12話へ(2014年)
・第13話へ(2015年) ・第14話へ(2015年) ・第15話へ(2015年)
・第16話へ(2015年) ・第17話へ(2015年) ・第18話へ(2016年)
・第19話へ(2016年) ・第20話へ(2016年) ・第21話へ(2016年)
・第22話へ(2016年) ・第23話へ(2017年) ・第24話へ(2017年)
・第25話へ(2017年)    

PAGE TOP