スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
スタッフアルファ就活応援団
 

はじめまして。
14年新卒入社の松永望咲と申します。

当社へみなさんが来社する風景をしばしば目にする頃になりました。
最近は暑くなってきて就活中の方はスーツ移動が苦しくなってきた時期なのではないでしょうか。

ここで私は、入社から2ヶ月経って会社をどのように思っているのかをお話したいと思います。

まず、会社について。

当社が行う説明会で配布していた質問カードへ回答をしながらお話したいと思います。

1、「入社前と入社後のギャップはありますか。」
ギャップは現時点ではないですね。

しいて言えば、
想像していたよりも「お休みが取れること」です。
1.「イベント業界は休みが取れない」という固定概念。
2.会社案内の休暇欄が「月8日休(自由選択制)」という記述。

この2点から休みは取れないものと思っていました。
2に関しては、休暇の曜日が決まっていないことから表記内容を疑っていました。

しかし、そんな私の予想に反して、現時点で月8日、きちんとお休みを取っています。

たまにとれる連休では実家に帰ったりと、充実した休みを過ごしています。

しかし、休みについては社会人になって考え方が変わりました。

会社にはもちろん、私より休みが取れていない上司もいます。
日々、たくさんの仕事を抱え、必死にパソコンに向かう姿を頻繁に見ます。

しかし、そんな大変そうな姿も決して辛そうに見えないことが不思議な所なのです。
休みが少ないことは苦ではないのだそうです。

人それぞれだと思いますが、 そこまで好きな仕事ができ、また仕事を好きになることが
できる上司をとても尊敬し、うらやましくも思っています。

それから、「同期同士、仲が良いこと」です。

会社帰りに飲みに行くことはもちろんですし、 プライベートで一緒に出掛けることもあります。

会社の中での唯一の気が置けない相手ということもあって時に、厳しいことを言い合い、
お互いイライラし、傷つくこともありますが、その距離の近さが、イベント現場での
チームワークの良さに活かされています。

私の予想はことごとく外れ、日々良い意味でギャップを感じています。

2、「入社して一番大変だったことは何ですか?」
大変とは少し違うかもしれませんが、今私が一番苦戦していることはメールの文章を考えることです。

メールは簡潔、正確に物事を伝えるための重要なツールなのですが、
自分の伝えたいことを文章にすることはとても難しいです。

そして、この文章を考えるのもとても苦戦しています、、、

選考の中に即席で作文を書く課題を盛り込んでいる会社があるのは文章は人の性格、
知識が露骨に出てしまうものだからなのかもしれません。

つまり、社会で使うメールもそれ程重要だということなのでしょう。

もし私が選考で作文に当たっていたら撃沈でした、、、

「大学生」から「社会人」になることは「高校生」から「大学生」になることよりも
何倍も違いがあると感じますよね。

「学校」と「会社」の違いは私は、「お金と自分」の関係性の違いだと思います。

「学校」… お金を「払って」行く所
「会社」… お金を「貰い」に行く所
色々な解釈があると思いますけどね。

自分の働きがお金に結び付くように今は毎日が勉強です。


今はひとつのイベントを完成させるためにはどのようなことが必要なのかを提出する
書類から現場での行動まで、1から指導して頂いています。

将来的には、私だからできるイベントを完成させたいです。

そして仕事内容について

入社してまだ間もないですが、仕事を通して楽しみも幸せも感じることが出来ています。

例をあげるならば、私は商業施設でのワークショップイベントに参加することが多いのですが

完成した作品を笑顔で見せてくれる子ども達
帰るときに「楽しかった!」と言ってくれる子ども達

その時にくれる笑顔は私にとって幸せを感じる瞬間です。

「この仕事につけてよかったな」と思う瞬間でもあります。



最後に就活生のみなさん!

来年の4月を笑顔で迎えられるように、悔いのない就活生活を送ってください。

 
バックナンバー ・第1話へ(2013年) ・第2話へ(2013年)
・第3話へ(2013年) ・第4話へ(2013年) ・第5話へ(2013年)
・第6話へ(2013年) ・第7話へ(2013年) ・第8話へ(2014年)
・第9話へ(2014年) ・第11話へ(2014年) ・第12話へ(2014年)
・第13話へ(2015年) ・第14話へ(2015年) ・第15話へ(2015年)
・第16話へ(2015年) ・第17話へ(2015年) ・第18話へ(2016年)
・第19話へ(2016年) ・第20話へ(2016年) ・第21話へ(2016年)
・第22話へ(2016年) ・第23話へ(2017年) ・第24話へ(2017年)
・第25話へ(2017年)    

PAGE TOP