大学4年生の皆様、もうすでに内定通知を手に入れた方、これから本格的に始動する方、まだ将来について
迷っている方、いろいろなタイプがいると思いますが、毎年学生諸君に聞くと「就活は大変!」
「受験よりも難しい。」また「1社決まったらもうそこにする」などと悲痛な叫び(?)を上げているよう
です。
当社では2014年入社の皆様に対する新卒採用を6月から公示します。
例年は4月から始めるこの採用計画を今年は6月にずらしました。
一つは今年はことのほか春のイベントが多く担当者も多忙を極めてずれ込んだというのが正直なところです
が、もう一つは皆さんの就活ウエイブがひと通り落ち着いた第2波に照準を合わせてみようと思ったのです。
みなさんが就活にちょっとだけ慣れてきたあたりで我々はお会いしたいと思います。
なぜか?他社と比較検討していただけるタイミングだからです。

2013年4月入社の新卒たち。
いい感じに育っていると思う今日
この頃。

ところで僕はある意味、皆さんがうらやましい。実は僕は就活というものの経験がありません。
(くわしくは説明会で質問してください。)
新卒採用へのエントリーは人生でたった1回のチャンスです。
いろいろな会社を見て、チャレンジしていただきたい。
先ほど述べたように比較検討いただいて選び抜いて納得したうえで入社してきてほしいと思います。

そこでひとつだけお願いがあります。
せっかく時間をかけて人生設計するわけですから、適当に結論を出すのはやめていただきたいのです。
どんな会社でもそこで働く人たちにとってはライフステージであり文字通り「職場」なのです。
その道で何年も試行錯誤し経験を積みプロとして活躍している。
入社するということはその仲間に入る覚悟を決めるということです。
部活動ではありませんから、仮入部などの制度はもちろんありません。

「自分にはどうもこの職場は合わない。」と早々に退職する人も少なくないですが、自分に合わないのは当たり前です。
あなたがその仕事とその職場を選んだならまずはあなたが合わせるべきです。
そして一日も早くそのライフステージの登場人物になることが大切です。

あなたがプロとして仲間入りするまでには最低3年はかかるでしょう。
そして次の段階で何をするか・・・。
あなたでなければできない能力やセンスでそのステージを進化させて行ってほしいのです。

ですからそのために就活期間中は多くの会社を研究していただきたい。

当社では内定通知から1〜2か月間は「どうしようか決め兼ねる期間」を置いています。
ぜひ悩んでください。
そして他社と比較して自分が将来的に活躍できるフィールドかを見抜いていただきたいと思います。

一度しかない新卒採用就職活動のご成功を祈ります。                     代表取締役 松山洋介
 
<
バックナンバー ・第2話へ(2013年) ・第3話へ(2013年)
・第4話へ(2013年) ・第5話へ(2013年) ・第6話へ(2013年)
・第7話へ(2013年) ・第8話へ(2014年) ・第9話へ(2014年)
・第10話へ(2014年) ・第11話へ(2014年) ・第12話へ(2014年)
・第13話へ(2015年) ・第14話へ(2015年) ・第15話へ(2015年)
・第16話へ(2015年) ・第17話へ(2015年) ・第18話へ(2016年)
・第19話へ(2016年) ・第20話へ(2016年) ・第21話へ(2016年)
・第22話へ(2016年) ・第23話へ・第24話へ

PAGE TOP